--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/01/09(月) 18:44:23 [気を付けるべき52の落とし穴]


どうしたら勝てたのか?後になってから考えれば簡単にわかる。

ところが、結果はすでに出ており、結果が出る前に考えていたことは、後で思い出す気にはなかなかなれないものである。

自分の判断が間違いだったとき、『専門家でも間違えたのだから仕方が無い。』などとよく思ってしまう。

そして毎日のように、あたかもそれは事前に予測できたかのような、事後分析を見かける。

肝心なのは、事後分析は結果に基づいているという点だ。

事後分析は、結果が事前に予測できたかのように我々に思い込ませてしまう。

そして、結果が事前に予測できたなどという錯覚は、自信過剰を招き、投資に関するリスク認識を小さくしてしまう。

事後分析はもちろん重要であるが、結果が出る前にどのような分析をしていたかというほうが大切である。

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。