--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/12/16(金) 15:19:01 [投資を学ぶ]

優良で有名な企業の株の多くは、僕のような投資の資金が少ないものにとっては、買うことが出来ない。
だが、もし、大きく儲けようと思うならこのような企業の株を買うべきではない。
なぜかだろう?理由をいくつか挙げてみる。


折込済みの株価
将来的にも安定した収入が見込める、有名な優良企業の株は、その現在の株価に、すでに大きな含みをもっている。


折込済みの材料
有名な企業の、われわれ個人投資家にとっての未発表の材料は、マスコミが発表する前にすでに知られている可能性が高い。


サプライズ
もし、有名な優良企業から悪材料がでた場合はどうなるだろう?
この場合、株価は失望売りによって大きく下げられる。



つまり、リターンが小さいが、株価の下落が大きい場合が多い。
だが、安心感があるのは確かだろう。安心を求める人が買うのは納得がいく。資金が豊富な人が買うのはリスク分散の点から見ていいと思う。

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。