--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/01/29(日) 23:04:56 [株とeワラントと為替]

今までの結果を大雑把に分析してみます。


一番どうなったかわからないのは競馬ですが、これは-3万円ぐらいでしょうか。

株:去年の純利益160000-16000=154000
   今年の損益38000
    通算純利益116000円

為替:去年のNZDで確か-8600円

カバワラ:利益286180円、損益425684円
      通算税引き前利益-139504円

デジワラ-50000円

競馬、株の計算が適当なことは御了承ください。

通算利益-112000円


赤字です!一月は反省ばかりしています。特にカバワラの初期は酷かった。

最初は遊びでドルのコールを買いました。すぐに大きな損益が出ます。4万円で買ったコールの価値は3万円に落ち、損切りしました。

値動きが大きいことを身をもって知り、ドルのコールでもう一度勝負に出ました。12万6千円のコールは9万3千円に落ち、損切りしました。

最悪な気分です。自分のあまりのへたくそさに嫌気がしました。この時期株でも損をし、約41万円の投資金額は36万円にまで減りました。

最悪な状態に陥ったときにどのような行動に出るかは重要です。ここで復活しなければ次はありません。

ひたすら冷静に相場を分析しました。結論は、次の日の日経平均が下がるということです。日経プットを全力で買いました。

次の日、瞬間的に含み益60万円を超えました。用事が終って家に帰ってきたときも、30万円ほどの利益が出ていました。このときは次の日も日経平均が大きく下がると予想していました。この予想自体は悪くないと思います。

次の日、日経平均は大きく上がっていきました。寄り付き後すぐに異変に気が付き、利確しました。この時点で確定利益13万4千円。

ここで最悪の行動に出ます。相場の現状を冷静に分析せずに、さらに値動きの大きなプットを買いました。買ったタイミングもめちゃくちゃ。次の日にはカバワラの含み損が-14万円になり、損切りしました。

これには本当にまいりました。猛省猛省です。一時利益が出ていただけに、悔しかったです。

資産は約23万円までに落ちました。でも、ここで落ち込んで何もしなかったら駄目です。これだけ減ったということは、増やすチャンスでもあるのです。

いろいろ考えて、ヤフーのコールを買いました。

これが上手くいって、およそ9万円の利益が出ました。

そこで手を出したのがエルピーダメモリのコール。

銘柄の選択としてはよかったと思います。しかし、タイミングが最悪でした。次の日GD。11万3千円の損切りでした。

次に買ったのはSBIホールディングスのコール。61000円ぐらいのときに、次の日下がったら買おうと思っていたのですが、次の日から上がっていきました。結局買ったときは7万円を超えていたのですが、決算控えでかなりいい数字が見込めていたことと、年初来高値に対してそこそこ低い水準に株価があったので、勝負に出ました。

うまくいきました。でも、思ったよりも利益は出ず。6万2千円の利益でした。

現在は松井証券のコールを持っています。


反省点はたくさんあります。そのうちいくつかを。

①個別銘柄は次の日の寄付きが勝負どころ。

②買いのタイミングはじっくり伺うこと。

③9割の勝率を期待できないなら、買わないか利益確定する。

④チャンスは、いつでもある。


月曜日からまた相場が始まります。今週の目標は3連勝です。

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。